「キャンピング仕様」×「バンライフ」を贅沢に融合させたレトロ顔ハイエースのワガママ過ぎるスペックとは

楽しい外遊びはソトラバで。アウトドアWEBメディア Soto Lover

  • フレックスドリームFD-classicのハイエース
  • FD-classicに装着のフロントガードバー
  • フロントバンパーに施工されたLINE-Xのミリタリー塗装
  • フレックスドリーム限定のBRUTホイール
  • フレックスドリームFD-classicに装着のルーフラック
  • フレックスドリームFD-classicに装着のビンテージレザー調シートカバー
  • フレックスドリームFD-classicに装着のサイドオーニング
  • Power-ArQのポータブル電源
  • 天井のハンガーバーから吊したダウンライト
  • 収納としても活用できるベッドキット
  • ビンテージレザー調を採用したベッドキット
  • 艶消しの木目調パネルを採用したコクピット
  • フレックスドリームFD-classicのリヤスタイル
  • FD-classicのベッドキット
  • ビンテージレザー×ペンドルトンのシートカバー
  • フレックスドリームFD-classicのハイエース
  • VANLIFE SUPPLYのネックレスト
  • ビンテージレザー×ペンドルトンのシートカバー
  • YETIのポータブル電源
  • ハイエースの荷室に吊したダウンライト

2023年7月29日(土)〜30日(日)の2日間、群馬県高崎市のGメッセ群馬で開催された『ALL関東キャンピングカーフェア2023』には、数多くのキャンピングカービルダーはもちろん、人気の軽バンや軽トラをベースにしたバンライフカーなど、そのスタイルは千差万別ながら、快適な車中泊が楽しめる架装が施されたクルマたちが数多く出展。そのなかから、ソトラバ編集部が注目したクルマをピックアップ。取材を敢行しました。

標準ボディながら8ナンバー登録できる本格派

ハイエース専門店だけでも5店舗(小牧店・湘南厚木店・高崎店・仙台東店・三郷店)を構えるフレックスドリームからは、ライトキャンパーシリーズの「FD-BOX」から、ハイエース・スーパーGL(バン)をベースにした3列シート・8人乗りの8ナンバーキャンピング登録の「FD-BOX5 camping」が出展されていました。

FD-classicのベッドキット

フルフラット展開することでベッド全長2230mm、シート幅1300mm(標準ボディ)、同1400mm(ワイドボディ)がそれぞれ確保され、広々とした居住&就寝スペースを実現しています。さらに標準装備される約540mmの延長マットをプラスすれば、ベッド全長2770mmにまで拡大させることができるのです。

ハイエースの美点である広大な荷室仕様も可能

2列目シートを対面仕様にすればダイニングスタイルとなり、ロングスライドレールの装備により2列目&3列目シートをたたみ前方へとスライドさせることで、約1940mmもの荷室長を持つトランスポーターへとトランスフォームさせることも可能です。

また、ラゲッジ後端には「FD-BOX5 campingシンクセット」や「FD-BOX5 camping簡易コンロ」が用意され、キャンピングカーとしての基本的な機能を備えています。

このほか主要装備として、flexdreamのブラックレザー調フロントシートカバー/ハイエース専用設計LEDルームランプ/カーメートXride(クロスライド)とのコラボによるサイドバー/エアコンフィルター/オールステンレスのチタン調マフラーカッター/黒木目調コンビステアリング&ATシフトノブ&インテリアパネルにより、カスタムテイストたっぷりの仕様となっています。

TOP