まるで「走る山小屋」? 居住スペースに薪ストーブ導入の四季を問わず大活躍の「軽トラ」バンライフが幸せすぎる

楽しい外遊びはソトラバで。アウトドアWEBメディア Soto Lover

  • BUGTRUCK PANELVAN R-faceのフロントスタイル
  • BUGTRUCK PANELVAN R-faceのリヤスタイル
  • 車内レイアウトをアレンジできるBUGTRUCK PANELVAN R-face
  • BUGTRUCK PANELVAN R-faceのベッド
  • BUGTRUCK PANELVAN R-faceの室内空間
  • BUGTRUCK PANELVAN R-faceのリビングスペース
  • BUGTRUCK PANELVAN R-faceのハンモック
  • BUGTRUCK PANELVAN R-faceのルーフラック
  • BUGTRUCK PANELVAN R-faceのフロントフェイス
  • BUGTRUCK PANELVAN R-faceの薪ストーブ
  • BUGTRUCK PANELVAN R-faceの薪ストーブの煙突
  • BUGTRUCK PANELVAN R-faceのルーフラック
  • BUGTRUCK PANELVAN R-faceのルーフラック
  • BUGTRUCK PANELVAN R-faceの拡張テーブル
  • BUGTRUCK PANELVAN R-faceのリヤスタイル
  • BUGTRUCK PANELVAN R-faceの装飾パネル
  • BUGTRUCK PANELVAN R-faceのウッディなインテリア
  • BUGTRUCK PANELVAN R-faceのベッド収納
  • BUGTRUCK PANELVAN R-faceのベッド展開
  • BUGTRUCK PANELVAN R-faceのリヤスタイル
  • BUGTRUCK PANELVAN R-faceのステップ
  • BUGTRUCK PANELVAN R-faceの薪ストーブ
  • BUGTRUCK PANELVAN R-faceのフロントドア

【車名】BUGTRUCK PANELVAN R-face

2023年8月5日(土)〜6日(日)の2日間に渡り、幕張メッセを舞台に「アソモビ2023 in Makuhari」が開催されました。『テマヒマを楽しむ遊びの自由研究所』をテーマに掲げ、最新のキャンピングカーやキャンプギアが大集合。会場には1万2000人を超えるファンが集まり、憧れのキャンピングカーやワークショップを満喫。ここでは会場で注目を集めたキャンピングカーたちをピックアップし、ご紹介したいと思います。

内装に断熱材を採用して四季を問わず快適

ソトラバ編集部の取材チームが足を止めたのが、カーファクトリーターボーのブースに置かれていたバグトラックのパネルバン。モデル名に「R-face(ロックライダーフェイス)」と名付けられ、ダイハツ・ハイゼットをベースにしながらも古き良き時代のアメ車を思わせるクラシカルな顔つきへと変更されているのが印象的です。

BUGTRUCK PANELVAN R-faceのウッディなインテリア

同モデルはパネルバンということもあり、その荷台はボディと一体化したのもで、耐久性、耐候性に優れているのが大きな魅力。室内は木材を多用した温かみのあるデザインが採用され、キャンピングカーと言うよりも小さな山小屋をイメージさせてくれます。壁、床、天井に張られた木材の下にはしっかりと断熱材が使用されているので、寒い冬、熱い夏でも快適さが保てるとのこと。

薪ストーブは車外に排煙する煙突も設置

山小屋風の車内には木製のキャビネットが標準装備され、作業台部分の天板はスペースを有効に利用するために収納式を採用。もちろん、ベッドも用意され格子状の台を組み合わせることで、ベッド、ベンチ、フルフラットフロア、小上がりなど7パターンのアレンジが可能。

ベッドを進行方向に展開すれば、室内に自転車や長尺のスキーやスノボーが収納でき、アクティブなアウトドアライフが楽しめます。そして、最も感動したギミックは車内に薪ストーブが置けること。通常、機密性の高いキャンピングカーの車内でストーブを使うのはご法度であり、薪ストーブを使うなどはもってのほか。

しかし、同モデルにはオプションで薪ストーブと煙突取り付けキットが用意され、壁面や天井の煙突穴を通して排気ができるように設計されているので安心。また、薪ストーブは移動式なので野外に持ち出して楽しむこともでき、キャンプの楽しさを倍増してくれます。

TOP