シリーズ史上最高のクッション性を実現! トレラン&ハイキングシューズの新定番が登場

楽しい外遊びはソトラバで。アウトドアWEBメディア Soto Lover


アメリカのシューズメーカー・Topo Athletic(トポアスレチック)から、トレイルランニング&ハイキング用モデルの新作が登場! ベストセラー「ULTRAVENTURE」シリーズの第3弾となる「ULTRAVENTURE 3」は、クッション性が高く、フィット感抜群。カラフルな色使いも個性的です。

ランニング経験者の視点で作られたシューズブランド

Topo Athleticは、2013年にアメリカで誕生しました。かつて陸上競技に打ち込んでいた、創設者のトニー・ポストが、35年以上のシューズ開発・製造のキャリアを積んだのちに立ち上げたブランドです。

Topo Athleticのシューズのテーマは、「自然に走れること」。少しワイドな足幅で、つま先からかかとにかけては抜群のフィット感。そして、ロードロップ(※1)により足元に安定感があるのが特徴です。

※1 ロードロップ:つま先とかかとの高さの差(=ドロップ)が低いこと

前作からさらにアップデート! シリーズ史上最高のクッション性

「ULTRAVENTURE3」はTopo AthleticのSPRING/SUMMERコレクションで登場したモデルで、Topo Athleticのトレイルランニング用シューズの中でもっともクッション性が高いシリーズです。

足裏から地面までの距離はつま先側が30mm、かかと側が35m。前作となる「ULTRAVENTURE2」よりも5mm高く(厚く)なりました。Topo Athleticのシューズは「Zipfoam」というオリジナルのミッドソール(※2)を使用していますが、「ULTRAVENTURE3」ではZipfoamが従来からアップデート。さらに、つま先の幅がより広くなり、クッション性・保護性能ともにアップしています。

また、アッパー(※3)には軽量で通気性が高い「リサイクルエンジニアードメッシュ」を使用。1足あたりペットボトル3本分相当がリサイクルされています。

※2 ミッドソール:靴底のうち、地面に直接触れない部分のこと
※3 アッパー:靴底を除いた足を包む部分のこと

 

TOP