ハサミとナイフが一体化? 切れ味抜群で分解しても使える、野外で頼りになる2WAY仕様の万能ハサミの実力に注目

楽しい外遊びはソトラバで。アウトドアWEBメディア Soto Lover

  • LOGOSシザーナイフ
  • LOGOSシザーナイフ
  • LOGOSシザーナイフ
  • LOGOSシザーナイフ
  • LOGOSシザーナイフ
  • LOGOSシザーナイフ

ロゴスコーポレーションが展開するアウトドアブランドの「LOGOS」から、分解してキッチンナイフとしても使用できるアウトドア用万能ハサミ「LOGOSシザーナイフ」が発売されました。鎌倉時代から続く刃物の町として知られる岐阜県関市で製造された、シャープな切れ味の万能ハサミです。

実用性と芸術性の高さから「折れず、曲がらず、よく切れる」と評価されている関の刃物は世界でも認められています。関市は「日本三大刃物産地」であると同時に「世界三大刃物産地」でもあり、イギリスのシェフィールド(Sheffield)、ドイツのゾーリンゲン(Solingen)に並ぶ日本の関(Seki)は、頭文字にちなんで「刃物産業の3S」と呼ばれています。

キャンプ場で重宝するアウトドア用万能ハサミ

ハサミとしてはもちろん、分離してナイフとしても使える便利な「LOGOSシザーナイフ」。ナイフとハサミ両方持参する必要がないので、荷物を減らしたい人にもぴったり。

キャンプ場で調理する際は、まな板を出さなくても食材をカットしながらフライパンや鍋などに入れることもできるので、洗い物が減って助かります。ステーキ肉をカットしながらフライパンで調理したり、レタスやキュウリをカットしてお皿に直接のせたりと、まな板いらずで重宝します。

TOP