パッとヒンジを開けば設営完了! 3モードに変化する折りたたみ式「焚き火台」が機能的

楽しい外遊びはソトラバで。アウトドアWEBメディア Soto Lover

  • GOZELのバタフライファイヤースタンド
  • GOZELのバタフライファイヤースタンドの各パーツ
  • GOZELのバタフライファイヤースタンドのコンパクト収納
  • GOZELのバタフライファイヤースタンドの組立状態
  • GOZELのバタフライファイヤースタンドの組立状態
  • GOZELのバタフライファイヤースタンドの組立状態
  • GOZELのバタフライファイヤースタンドの設営方法
  • GOZELのバタフライファイヤースタンドの差し込み組立
  • GOZELのバタフライファイヤースタンドの五徳

2022年にスタートアップしたばかりのアウトドアブランドのGOZEL(ゴーゼル)。じつは自動車外装カスタムパーツメーカーのトップ企業の技研が母体です。技研社はTRD、GR、モデリスタのトヨタワークスのカスタムパーツをはじめ、無限やSTIといった国産ワークスのエアロパーツの製造、デザインを手がけてきました。スタイリッシュさと機能性の両立に長年取り組んできた企業ならではの焚き火台は、ひと味もふた味も違います。

3モードの多機能性とA3サイズに収まる携帯性の高さ

注目の焚き火台は先だって幕張メッセで開催された東京アウトドアショーでの出展です。注目のギアはButterfly Fire Stand(バタフライ・ファイア・スタンド)のネーミングの焚き火台です。いわゆるコンパクトな焚き火台は、ほぼ組み立て式を採用していると思いますが、本製品は折りたたみ式を採用し、使用シーン別に3形態で使い分けできるようになっています。

GOZELのバタフライファイヤースタンドの各パーツ

最大の特徴は多機能性です。ソロモード、クッキングモード、キャンプファイアモードの3モードで使い分けができます。そして携帯性にも注目です。A3サイズに収まる収納性は他のアイテムと同梱携行しやすいと思います。そしてデザインです。自動車のカスタムパーツメーカーならではの洗練されたデザインは、確かにアイコニックでメカニカルなキャラでもあります。

GOZELのバタフライファイヤースタンドの収納状態
TOP