飲食ブースでご当地グルメを喰らう! 「FUJI & SUN’24」の魅力のひとつ激ウマ「フェス飯」に思わず舌鼓

楽しい外遊びはソトラバで。アウトドアWEBメディア Soto Lover

  • FUJI&SUN'24のトムヤム麺
  • FUJI&SUN'24の会場内の飲食ブース
  • FUJI&SUN'24のビールのブース
  • FUJI&SUN'24のパッタイ
  • FUJI&SUN'24のつけナポリタン
  • FUJI&SUN'24のスペアリブ
  • FUJI&SUN'24の会場内の飲食ブース

フェスでの楽しみのひとつとも言えるのが、フェス飯。我が子も昨年「FUJI&SUN」に参加した際に食べたさまざまなグルメが美味しく記憶に残っていたようで、イベントに行く前から飲食ブースも楽しみにしていた様子。

会場内の飲食ブース

地元の味もズラッと並ぶ飲食エリアに舌鼓

飲食ブースは3箇所のライブステージごとに設けられ、一番数が多いのがSUN AREA、続いてMOON AREA、STONE CIRCLE AREAと続きます。

富士山の麓に位置する富士市とその周辺の山や海の豊かな自然の恵みや、ここでしか食べられない美味しいものがズラッと並び、どこのお店のものを最初に食べようか迷ってしまうほど。

今回は、前日から宿泊している参加者さんに、飲食ブースで食べて美味しかったお店を聞いていたので、それは全部食べようと、まずは「バーチーズ」のBBQスペアリブを。グリルで肉を焼く匂いは少し離れた場所にも漂っており、食欲をそそります。出来立て熱々の大きめのスペアリブは、BBQ味がしっかり付いていておいしかったです。

スペアリブ

寒い中であったかいものが食べられる幸せを実感

お次は三島市にある「ラーメンやんぐ」のトムヤムトマト麺。肌寒いので、身体が暖かいものを欲します。自家製のレアチャーシューに、メンマはサクサクのタケノコ。ツルッと食べられる細麺と、トマトの優しい酸味と辛くないトムヤムスープが相性バッチリです。

トムヤム麺

それから、昨年食べておいしかった「富士つけナポリタン大志館」の富士つけナポリタン。富士市を代表するご当地グルメだそう。トマトスープをベースに、鶏ガラやコンソメなどのスープを加えたWスープ。麺は太麺でもちもち。つけ麺スタイルでいただきました。

つけナポリタン
TOP