駐車場の高さ問題を解決! 高さ制限2.2mでも安心の「軽キャンパー」が都会住まいでも便利に使える

楽しい外遊びはソトラバで。アウトドアWEBメディア Soto Lover

  • JP STAR HAPPY1+Cityのスタイリング
  • JP STAR HAPPY1+Cityのポップアップルーフ
  • JP STAR HAPPY1+Cityのポップアップルーフ
  • JP STAR HAPPY1+Cityのテールランプ
  • JP STAR HAPPY1+Cityのアクリル二重窓
  • JP STAR HAPPY1+Cityのベンチレーション
  • JP STAR専用の運転席と助手席
  • JP STARオリジナルのホイール
  • JP STAR HAPPY1+Cityのシャワーヘッド
  • JP STAR HAPPY1+Cityのエアコン
  • JP STAR HAPPY1+Cityのロゴ
  • JP STAR HAPPY1+Cityのリヤスタイル
  • JP STAR HAPPY1+Cityのコンプレッサー式冷蔵庫
  • JP STAR HAPPY1+Cityの仕切りカーテン
  • JP STAR HAPPY1+Cityの居住スペース
  • JP STAR HAPPY1+Cityのギャレー
  • JP STAR HAPPY1+Cityの居住スペース
  • JP STAR HAPPY1+Cityのバンクベッド
  • JP STAR HAPPY1+Cityのベッド
  • JP STAR HAPPY1+Cityの室内高

2024年6月28日(金)〜30日(日)の3日間で開催された「東京アウトドアショー2024」では、幕張メッセにアウトドアブランドや輸入車のインポーター、国産自動車メーカーなどが出展し、昨今のアウトドアブームを物語るように、さまざまなキャンプギアやアウトドア仕様のクルマなどがお披露目されました。

全高2.2mだから都会の駐車場探しで困らない

愛知県のMoon Star Export(ムーンスターエキスポート)が製作した、ダイハツ・ハイゼットトラックベースのキャンピングカー「JP STAR HAPPY1+City」は、なんといっても都会でも使えるその全高にあります。街中の立体駐車場は2.2mの高さ制限が多く、一般的なキャンピングカーでは駐車場選びで困難を極めることがあります。

JP STAR HAPPY1+Cityのリヤスタイル

そこで同社では、普段使いでの車高を2.2m(上の写真はポップアップルーフ展開時のため全高は2.48m)に抑えながら、車中泊シーンではポップアップルーフを展開することで、室内高248cmの余裕たっぷりの空間を実現。車内で窮屈さを感じることなく快適に過ごすことができます。

またポップアップルーフは油圧ダンパーが備わり、ポップアップルーフの天井部に備わる前後のハンドルによって、女性でも簡単に立ち上げることが可能です。

広々バンクベッドで就寝定員4名を実現

JP STAR HAPPY1+Cityはギャレーやテーブルを備えながらも、長さ210cm×幅120cmのベッド展開が可能です。ベッドメイクは2箇所のクッションをワンストロークで引き出すことができる簡単設営が魅力。車内で寛ぐ際はソファー下にベッドの台座になる引き出しを収納しておくことが可能です。

JP STAR HAPPY1+Cityの居住スペース

なお、バンクベッドの展開も簡単で、支柱をセットして伸長部分を引き出し、マットを敷くだけでOK。限られたスペースでも充実した就寝スペースが確保でき、またお子さんと一緒の車中泊では秘密基地感が味わえる魅力的な空間にもなります。

TOP