「あたたたたっ!」北斗の拳40周年記念の焚き火セットでケンシロウ vs ラオウの対決再び

楽しい外遊びはソトラバで。アウトドアWEBメディア Soto Lover

  • シナノの北斗の拳 焚火セット
  • シナノの北斗の拳 焚火セット シナノの北斗の拳 SNIPE HANGER SOLO 雑魚
  • シナノの北斗の拳 SNIPE HANGER SOLO 雑魚
  • シナノの北斗の拳 SNIPE HANGER SOLO 雑魚
  • シナノの北斗の拳 焚火セット
  • シナノの北斗の拳 焚火セット
  • シナノの北斗の拳 焚火セット

2023年9月で連載開始から40周年を迎えた『北斗の拳』。それを記念してキャラクターなどを描いた焚き火シートと火吹き棒のセット、そして焚き火での調理時にあると便利な、トライポッドとしても使えるスナイプハンガーは、世紀末の荒野で使いたい高品質なアイテムです。

 

ファンにはたまらないスペシャルなキャンプギア

『北斗の拳』の原作者・武論尊氏の出身地である長野県佐久市に本社と生産拠点を持つSINANO WORKS(シナノワークス)から、記念モデルとなるキャンプギアが登場!

SINANO WORKS × 北斗の拳 40thモデルの「北斗の拳 焚火セット」は、1983年の連載開始から今年で40周年となるのに合わせて企画されたコラボアイテム。主人公・ケンシロウの燃えるような正義感をイメージした「希望セット」と、ライバルとして登場するラオウのイメージを前面に出した「野望セット」の2種類です。

焚き火を楽しむキャンパーにとって、飛び散る火の粉から芝生や地面を守り、ダメージを軽減する焚き火シートは必需品。難燃・耐炎素材の繊維で作られた焚き火シートには、モノクロの墨絵風に描いたケンシロウ、ラオウをそれぞれプリントしています。

希望(ケンシロウ)バージョンには「きさまには地獄すらなまぬるい!!」、野望(ラオウ)バージョンには「その程度の炎ではおれの野望を灰にすることはできぬ!!」と原作に登場するセリフが添えられているのも粋な演出です。

火おこしに使うブラスター(火吹き棒)には、ケンシロウの胸にある七つの傷と、ラオウが率いる拳王軍の印章がそれぞれプリントされています。摩擦や傷に強く、簡単に消えないのが特長です。

職人が製作するブラスターは、アルミ製の先端保護プロテクターが空気排出の流速を約3.3倍にし、軽い息でも強い風を狙った場所に当てることができます。これはスキーポールの製造技術を活用したもので、アルミ棒の表面にアルマイト染色加工が施され、本体にインクを染み込ませています。

TOP