キャンプの万能アイテム!? 夏でも冬でも大活躍の銀マットの使い方とは

楽しい外遊びはソトラバで。アウトドアWEBメディア Soto Lover

  • テントを設営するキャンパー
  • キャンピングマットして使える銀マット
  • コールマンのグランドシート
  • グランドシートをペグ打ちで固定
  • テントの下に敷くグランドシート
  • グランドシートの上に載せたテント
  • テントの床に敷いた銀マット
  • 銀マットの上に敷いたインナーマット
  • インナーシートの上に敷いたキャンピングマット
  • キャンピングマットの上に敷いたシュラフ
  • 銀面を下にすることで地熱を遮る

キャンプでの快適な睡眠アイテムの1つである銀マット。手頃な値段で購入できて色々な場面で使える銀マットですが、実際のところうまく使いこなせていないという人も多いのではないでしょうか。キャンプにおいても季節や目的によってその使用方法は様々。そこで今回は、夏にも冬にも大活躍する銀マットの使い方についてご紹介します。

クッションとしても使える銀マット

平らな場所を選んだつもりでテントを張っても、小石や出っ張りなどがあって気になるということはよくありますよね。そんな不快感を解消するために、銀マットをクッションとして活用するのがおすすめです。

キャンピングマットして使える銀マット

断熱対策として使用することが多い銀マットですが、クッションとしても有能。インナーマットやスリーピングマットなど、他のマットと併用すれば効果はさらに上がります。

インナーシートの上に敷いたキャンピングマット

銀マットを敷く順番は、下からグランドシート→テントの床→銀マット→インナーマット→スリーピングマット→寝袋という順番が一般的です。ただし銀マットとインナーマットについては、人によって順番が入れ替わることもあります。

夏は下向きに敷いて断熱を

銀マットを使う際に重要となるのがマットの表裏の向き。どちらの向きにしようか迷っている人もいれば、特に気にせずに敷いているという人もいますよね。マットの向きはシチュエーションによって変わりますが、夏場や熱気を下げたい時は銀の面を下に向けるようにしましょう。銀の面は熱を反射するため、地面側に向けることで下からの熱気を遮ってくれます。

銀面を下にすることで地熱を遮る

また、銀の面を下向きにしておくことで体温の反射も防止。下からの熱を遮り、体温をこもりにくくすることで暑い日のテント内も快適に過ごすことができます。

TOP