見えた「免許不要の小型4輪車」! 「JMS」スズキブースは「ワクワク感」満載です

楽しい外遊びはソトラバで。アウトドアWEBメディア Soto Lover


2023年10月26日(木)から11月5日(日)までの11日間、「乗りたい未来を、探しにいこう!」をキャッチフレーズに、JAPAN MOBILITY SHOW 2023(ジャパン モビリティ ショー2023)が東京ビックサイトにて開催されます。

先月末、同イベントに出展するスズキ株式会社から出品予定モデルが発表されました。なおブースの出展テーマは「世界中に、ワクワクの、アンサーを」。それに則った四輪車や二輪車が多く展示される予定ですが、その中からソトラバ編集部は外アソビにマッチするモビリティにクローズアップしていきます。

免許不要で乗れる電動小型モビリティのコンセプトモデル

未来のモビリティツールとしていま注目されているのが「電動小型モビリティ」です。スズキも3種4モデルを参考出品する予定で、そのなかにパーソナルコミュニティ「SUZU-RIDE(スズライド)」があります。

スズキが「ジャパンモビリティショー2023」に出展予定の小型モビリティ「スズライド」と「スズカーゴ」

スズライドは 新しく制定された車両区分、特定小型原動機付自転車に属します。「生活と遊びのクロスオーバー」「電動パーソナルモビリティ」として、都心などで最近よく見られるようになった電動キックボードのような手軽さを持ちつつ、4輪で安定した運転が可能。16歳から誰でも安心して乗れる、生活に密着したモデルとなっています。

【特定小型原動機付自転車とは】
原動機付自転車のうち車体の大きさ及び構造が自転車道における他の車両の通行を妨げるおそれのないものであり、かつ、その運転に関し高い技能を要しないものである車として道路交通法施行規則で定める基準に該当するものをいいます。道路交通法施行規則で定める基準やルール、違反した際の罰則などが整備されています。
●国土交通省ホームページ
●警察庁ホームページ

自転車やバイクのようにフレームが見えるデザインとして、若者から高齢者まで乗ってみたいと思わせるデザインを採用。特定原付きとしてグリーンランプの最高速表示灯を備え、 最高速モードを切り替えることで車道だけでなく歩道も走ることができます。

スズキが「ジャパンモビリティショー2023」に出展予定の「スズライド」俯瞰カット

後部には約110リッターの全天候型荷台ボックスがつき、大事な荷物も安心して入れることができます。さらに足元にも荷物を固定することができ、より便利に使うことができます。通勤や通学、ちょっとした買い物に、また趣味の道具として、積極的に使ってもらえるモビリティです。

TOP